記事一覧

殆どの場合は心配不要

目

だからこそ検査が必要

眼前に黒い物が見える飛蚊症は、年齢に関わらず発症しますが、特に高齢者や近視の方に多く見られるのが特徴です。基本的に殆どの飛蚊症は心配しなくて良い場合が多く、この症状だけで視力が落ちるといったことも滅多にありません。しかしながら眼底出血や網膜剥離など、もしも大きな病気が原因であった時は、放置することで失明につながる恐れもあるのです。このため、大きな眼病でないことを確認するためにも、眼科での検査が推奨されています。ですので弊害がないからと言ってそのままにせず、黒い物が眼前に見える場合は最寄りの眼科へ行きましょう。また、飛蚊症の見え方にも幾つかのバリエーションがあり、人によっては細長い糸に見えたり、雲に似た物が浮かんで見えたりする場合もあります。そのほか、視界に墨汁を垂らしたような感じに見えることもあるなど、決して蚊のような物が見えるだけではないのが特徴です。さらに、物体の色も黒をはじめ、透明や半透明などと多彩にあることも覚えておきましょう。何れの場合も、眼の硝子体に濁りが生じ、その影が網膜に映って見えるのが飛蚊症となっています。それらの物体が飛んだり移動していたりするように見える理由ですが、それは濁りの原因が眼の中にあるため、眼球の動きに合わせて動くからです。そして、濁りの原因が網膜の近くに位置するほど鮮明に見え、その大きさや形状の違いでも見え方は変化しますので、人によって見える物体が違う所以になります。

Copyright© 2018 【目の老化によって現れる症状】飛蚊症の特徴を紹介 All Rights Reserved.