記事一覧

女性

視界にゴミが浮かぶなら

視界にゴミが浮かんで見える症状は、たくさんの方が経験をしていて、飛蚊症と呼ばれています。多くの方は何も治療をおこなわなくてもよいですが、まれに他の病気が原因のこともあるため、一度眼科で診察してもらいましょう。

目

基本を知って適切に対処

年を取れば目も傷み始め、眼病へ推移した時は飛蚊症を伴うことが多いため、飛蚊症が出た時は、裏で大病が隠れていないか眼科でチェックしてもらいましょう。放置をすればより重い病気へと移行しますので、飛蚊症を甘く見ず、決して見過ごさないでください。

医師

ホームドクターを探そう

目の前に糸クズなどが見える飛蚊症を自覚しましたら、最初は町の眼科を選び、そこで対応できなければ大病院を紹介してもらうのが基本です。そして、町の眼科を選ぶ時は定期検査を行ってくれ、ホームドクターとしても利用できる診療所を選ぶと良いでしょう。

女性

ゴミや糸くずが見える症状

飛蚊症は、さほど心配するような症状ではありませんが、視界のゆがみや痛みが出た場合には眼科を受診しましょう。加齢による硝子体の劣化が原因ですが、若い人でも起こりうる可能性があるので、目を休ませることを常日頃心がけて予防しましょう。

目

殆どの場合は心配不要

眼前に黒い物が見える飛蚊症は、殆ど心配しなくても良いのですが、稀に大きな病気が潜んでいることがあるため、眼科での検査が必要です。飛蚊症の見え方は人それぞれで違い、雲に似た物や、墨汁を垂らしたように見える場合があるのも特徴になります。

どんな症状か

目

治療は必要なのか

明るい所を見ている時に突然目の前に黒い浮遊物が見えると誰でも目が変になったと慌ててしまいます。目の前に黒い浮遊物が見える症状を飛蚊症と言います。この飛蚊症は、多くの場合年齢を重ねた中高年に起こる症状です。加齢によって目の硝子体がゼリー状から液体に変化して硝子体が網膜から離れることでこの症状は起きます。人は年齢を重ねて行くと、髪の毛が白髪になったり顔にしわが出来たりしますが、そのことを同じです。そのため、治療は必要なく症状に慣れればあまり気にならなくなるのが一般的です。中高年だけではなく、若い人でもこの飛蚊症の症状が現れることがあります。若い人で飛蚊症の症状が起こるのは近視の人の場合が多く、若い人でも中高年の人と同様に治療の必要はありません。ただし、飛蚊症でも治療が必要な場合があります。それは、網膜剥離を起こしていて飛蚊症の症状が出ている場合には早急に治療が必要になります。最近では網膜剥離を起こしていても治療を行えば視力は回復出来るようになっています。ただし、早期に治療することが大切で自分で年齢のせいだと判断してしまうのはとても危険なことです。もし目の前に黒いごみのような浮遊物が見えたりしたら、自分で判断せずに眼科に行って検査を受けてみて治療が必要ないかの確認が必要です。年齢を重ねて起きた飛蚊症で治療が必要ないと眼科医に言われれば安心です。自己判断してしまうと、網膜剥離の症状を見逃してしまいます。

Copyright© 2018 【目の老化によって現れる症状】飛蚊症の特徴を紹介 All Rights Reserved.